時代を語る・千田宏二(14)高温障害出てヒヤリ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
薬剤を各リンゴ園に送る共防の施設=昭和44年ごろ
薬剤を各リンゴ園に送る共防の施設=昭和44年ごろ

 昭和41(1966)年9月にバイク事故に遭い、農作業に復帰したのは43年です。心を入れ替え、最初にしたのは山手の園地開墾でした。

 38年、里山に地元住民が共同所有する入会林の開墾があり、周りはとっくにリンゴ畑になっていました。でも、俺は労働力不足を言い訳にやっていなかったんです。苗木だけは準備していて、早速植えました。既存のリンゴ園の改植も同時に進めました。古い木を一気に50本も切ってね。植えてから7、8年は収穫できない。あの時は破産するかと思いました。

(全文 746 文字 / 残り 516 文字)

この連載企画の記事一覧

同じキーワードのイベント情報