「最後の奉公」91歳初当選 佐賀・鹿島市議選

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐賀県鹿島市議選で有権者と握手する91歳の高松昭三氏。初当選を果たした=18日
佐賀県鹿島市議選で有権者と握手する91歳の高松昭三氏。初当選を果たした=18日

 佐賀県鹿島市議選(定数16)で21日、電気設備工事会社会長で無所属の高松昭三氏(91)が初当選した。「最後のご奉公をしたい」と立候補し、高齢者の暮らしやすいまちづくりを訴えた。

 市老人クラブ連合会の会長や、県老人クラブ連合会の副会長も務める。県や市の高齢者支援が不十分だと感じ、出馬を決意。1期限りで引退するつもりだという。

 期間中は選挙カーに乗り込み、自らマイクを握った。沿道で支持者を見掛けると、降車し握手して回った。「超高齢化社会を迎える中、お年寄りが元気に暮らせれば社会保障費も減らせる」と、1人暮らしの高齢者や老老介護への支援の拡充が必要だと訴えた。