統一地方選、「小数点差」で明暗 福井・池田町、千葉・銚子市

お気に入りに登録

 21日投開票の統一地方選後半戦では1票が当落を分けた選挙が複数あり、案分による1票未満の「小数点差」で明暗が分かれたケースもあった。

 11人が立候補した福井県池田町議選(定数8)。得票順8位で当選した佐野和彦氏が155票、得票順9位で落選した飯田茂治氏が154・416票だった。「飯田」姓が候補に2人おり、名字しか書いていない票があった。もう1人の「飯田候補」は当選した。

 千葉県銚子市議選(定数18)には25人が立候補。得票順18位で当選した石上允康氏と、落選した19位の工藤忠男氏の差は0・474票だった。