Uターン組、市政に経験どう生かす 秋田市議選当選の2人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市議選の結果を報じる新聞を、両親と読む後藤さん(右)=同市川尻町の事務所
秋田市議選の結果を報じる新聞を、両親と読む後藤さん(右)=同市川尻町の事務所

 秋田市議選で、Uターン組のスポーツインストラクター後藤良さん(45)=手形山=と、元日立グループ会社社員船木純さん(55)=土崎港=がともに上位当選を果たした。少子高齢化や若者の定着、迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)配備計画などの市政課題に対し、自身の経験をどう生かしていくのか、注目される。

 4682票を集めてトップ当選した後藤さんは投開票から一夜明けた22日午前、川尻町の選挙事務所で支援者とあいさつを交わし、改めて喜びと責任の重さをかみしめた。

(全文 945 文字 / 残り 706 文字)