秋田の弁護士なぜ増えない 08年以降増加率、下から2番目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田の弁護士なぜ増えない? 司法制度改革で法曹人口が大幅に増える中、本県の弁護士増加率は全国でも低く推移している。日本弁護士連合会(日弁連)によると、2008年以降の増加率は都道府県別で下から2番目。17、18年は新加入がなかった。2年連続ゼロは全国でもまれで、訴訟が少ないことなどが要因とみられる。現時点で弁護士不足の状況はないようだが、「長期的に見ると心配」との声も聞かれる。

 日弁連の統計によると、2018年の弁護士登録者数は約4万人。司法制度改革で司法試験合格者数が増えたことに伴い、08~18年で60%増えた。秋田弁護士会(西野大輔会長)の登録弁護士は78人で、都道府県別では鳥取に次いで2番目に少ない。08~18年に18人増え、増加率は30%だった。

(全文 1103 文字 / 残り 771 文字)