鈴木空如の遺作2千点、大仙市に寄贈 来月から順次公開

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 「阿弥陀浄土図」の一部。模写当時の色の剝がれなどを忠実に表現している
「阿弥陀浄土図」の一部。模写当時の色の剝がれなどを忠実に表現している

 秋田県大仙市太田地域に生まれた仏画家・鈴木空如(くうにょ、1873~1946年)の遺作2千点余りが神奈川県の親族から市に贈られた。法隆寺(奈良県)の金堂壁画をはじめ仏画や仏像の名品を克明に模写した作品がそろい、市は「仏教美術史の貴重な資料」として5月から展示を進める。

 金堂壁画の模写は実物大で12点。このうちの一つ「阿弥陀浄土図」は高さ約3メートル、幅約2・5メートル。阿弥陀如来や勢至・観音の両菩薩などを精密に描いているだけでなく、色の剝がれや壁の染みも克明に写し取り、空如の技術や情熱が感じられる。

(全文 860 文字 / 残り 607 文字)