春の院展130点搬入、会場彩る 秋田市で24日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作品の展示作業が行われた春の院展・秋田展会場
作品の展示作業が行われた春の院展・秋田展会場

 現代日本画壇をけん引する作家たちの秀作を集めた第74回春の院展・秋田展が24日、秋田市中通のアトリオンで開幕する。秋田魁新報社と日本美術院の主催。23日は作品の搬入と展示作業が行われ、同人らの作品が次々と運び込まれた。会期は5月5日まで。

 開場は午前10時~午後5時(入場は午後4時半)。入場料は一般千円、高校生以下無料。大学生は当日窓口で学生証を提示すれば半額。初日は午前10時から、同人の伊藤髟耳さん、倉島重友さん、大野逸男さんが作品を解説する。

(全文 513 文字 / 残り 287 文字)

秋田魁新報電子版・連載企画