県の「秋田犬」が総務大臣賞 日本観光ポスターコンクール

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
総務大臣賞を受賞した県のポスター
総務大臣賞を受賞した県のポスター

 秋田犬が秋田県内の観光スポットを案内するという設定の県の観光ポスターが、日本観光振興協会主催の「第67回日本観光ポスターコンクール」で総務大臣賞を受賞した。県のポスターが大臣賞を受賞するのは初めて。

 コンクールは、2018年に制作されたポスターが対象。全国から147点の応募があった。県の受賞作品は16年からの「秋田犬の里」集中プロモーションの一環で制作。秋田市のあきた舞妓(まいこ)、湯沢市の川原毛大湯滝などを写した4枚セットで受賞した。

 あきた舞妓のポスターは、老舗料亭を訪れた秋田犬を、4人の舞妓が見送る様子をデザインした。同協会は「写真に映える風景の中に秋田犬がいるという、細部まで計算されたデザインを評価した」としている。

(全文 674 文字 / 残り 357 文字)