大曲の花火、大会提供は「令和祝祭」 8月31日開催

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
8月31日に開く「大曲の花火」のチラシ
8月31日に開く「大曲の花火」のチラシ

 秋田県大仙市で8月31日に開かれる全国花火競技大会(大曲の花火)の実行委員会は24日、大会提供花火のテーマを「花火ミュージカル・令和祝祭」と発表した。平成のヒット曲や俳優のせりふを交えたドラマ仕立てで、脚本は劇団わらび座(仙北市)の栗城宏さんが手掛ける。

 大会提供花火はプログラムの後半に披露される大会の目玉で、会場の河川敷の幅をいっぱいに使って2千発以上打ち上げる。今回は改元を記念し、平成元(1989)年生まれの主人公が就職や震災を経験しながら新たな時代を生きるストーリーを9分半にわたって展開する。

(全文 533 文字 / 残り 280 文字)

秋田の最新ニュース