角館や田沢湖、Wi-Fi拡大 スマホにフォトフレームDL

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
角館の桜まつりの会場などでダウンロードできるフォトフレームのイメージ画像
角館の桜まつりの会場などでダウンロードできるフォトフレームのイメージ画像

 秋田県や仙北市、JR秋田支社、NTT東日本―東北秋田支店など7団体・事業者は、県内で情報通信技術(ICT)を活用した観光情報発信の試行を始めた。約1年間、同市や列車内でWi-Fi(ワイファイ)の利用エリアを拡大する。

 国内外から訪れる観光客の利便性向上と周遊促進が狙い。観光地でワイファイの利用を広げ、キャッシュレス決済の普及につなげることも視野に入れている。

 観光情報発信の試行は主に仙北市で展開する。JR角館、田沢湖両駅近くの観光案内所にワイファイのアクセスポイントを新設。「角館の桜まつり」(5月5日まで)のポスターにスマートフォンをかざし、よろいかぶとや地元に伝わる花嫁衣装のフォトフレームをダウンロードできるサービスも始めた。武家屋敷を背景に、フォトフレームに撮影者の顔をはめて「自撮り」を楽しんでもらう。

(全文 561 文字 / 残り 202 文字)

秋田の最新ニュース