新城川沿いの桜、幻想的にライトアップ 秋田市飯島

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市飯島の新城川堤防沿いの桜並木が見頃を迎え、訪れた人を楽しませている。地域住民らでつくる実行委員会は「新城川さくらまつり」と銘打ち、夜間にライトアップしてPRしている。

 約1・5キロにわたり、両岸合わせて約200本の桜が立ち並ぶ。飯島地区の殻丁、駅前、松園、堀川の4町内会が協力して2003年に植樹を始め、08年ごろから花が咲き始めた。

(全文 412 文字 / 残り 241 文字)