10連休どこ行く? 秋田県内、改元にちなんだ催しも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ライトアップされた武家屋敷通りのシダレザクラ=25日午後8時20分ごろ
ライトアップされた武家屋敷通りのシダレザクラ=25日午後8時20分ごろ

 ゴールデンウイーク(GW)が27日から始まる。皇位継承に伴い異例の10連休となる今年、県内では多彩なイベントが開かれるほか、新元号「令和」への改元にちなんだ催しもある。観光関係者は「多くの人に来てもらいたい」と期待する。

 秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)では、動物との記念撮影や、動物舎の裏側見学などイベントがめじろ押し。ビジターセンターでは、平成の約30年間に同園で起きた出来事を振り返る企画展を開催する。キリンやレッサーパンダなど人気動物を収めた歴代のPRポスターや、同園が1989年から発行している情報誌計約120点を展示する。

 仙北市では5日まで「角館の桜まつり」を開催中。桧木内川堤のソメイヨシノは天皇陛下の生誕を祝い、住民の手により植えられ、今では県内外から大勢の観光客が訪れる人気スポットになった。25日時点は七分咲きで、連休前半に満開を迎えそうだ。

(全文 1167 文字 / 残り 778 文字)