ふるさと村、動物50種大集合! 家族連れ、触れ合い楽しむ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インコに触る子どもたち
インコに触る子どもたち

 動物に触ったり餌をあげたりできる「ふれあい動物園」が27日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で始まった。ヤギやカピバラ、ペンギンなど約50種類400匹が集まり、大勢の家族連れを楽しませている。来月6日まで。

 ゴールデンウイークの恒例イベント。横浜市の動物プロダクションの協力を得て、ふるさと村が主催している。

 今年は世界四大齧歯(げっし)目のカピバラ、ビーバー、ヤマアラシ、マーラが勢ぞろい。ケープペンギン2匹が初登場したほか、人気のネコのコーナーの広さを昨年の1・5倍に広げた。

(全文 563 文字 / 残り 324 文字)