昭和生まれの関取が記念撮影 水戸の春巡業で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
平成最後の「昭和の日」に集合写真を撮影する昭和生まれの関取たち=29日、水戸市
平成最後の「昭和の日」に集合写真を撮影する昭和生まれの関取たち=29日、水戸市

 平成最後の「昭和の日」だった29日、大相撲の春巡業が行われた水戸市のアダストリアみとアリーナで、昭和生まれの関取25人が集合し、昭和の「S」の人文字をつくって記念撮影した。発案者はともに35歳で平幕の琴奨菊と豊ノ島。琴奨菊は「(平成の)いいときも悪いときも頑張ってきた。まだまだ強い」と息巻いた。

 34歳の横綱白鵬ら上位に昭和生まれは多い。22歳の新大関貴景勝らが台頭する中で、白鵬は「令和の闘いは熱くなる。昭和強しというところを見せたい」と気合十分だった。