桜と羽後牛の焼き肉堪能 「うご牛まんまフェス」にぎわう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鉄板で羽後牛を焼く来場者
鉄板で羽後牛を焼く来場者

 秋田県羽後町産黒毛和牛を味わう「うご牛まんまフェスティバル」が29日、同町の五輪坂温泉としとらんど野外特設会場で行われた。町内外から多くの家族連れらが訪れ、晴天の下で焼き肉やステーキを味わった。

 羽後牛やあきたこまちなど、地元の農畜産物をPRしようと同温泉が主催し12回目。焼き肉1パック(約250グラム)2500円、ステーキ1枚(同)3500円で販売し、あきたこまちは無料で振る舞った。

(全文 316 文字 / 残り 121 文字)