山菜取りの女性、クマにかまれけが にかほ市の山林

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 1日午前6時ごろ、秋田県にかほ市院内字此木山の山林で、山菜採りをしていた由利本荘市西目町海士剥字御月森の女性(70)がクマに襲われ、右腕などに全治2週間のけがを負った。命に別条はない。県内で今年、クマによる人身被害は初めて。

 由利本荘署によると、女性が体長約1メートルのクマを発見し、同行していた夫に知らせようと「クマだ」と叫んだが、クマが近寄ってきて右腕をかまれるなどした。クマはその後、林の中に去って行ったという。女性は夫の運転する車で由利本荘市の病院へ行き、手当てを受けた。

(全文 353 文字 / 残り 112 文字)