節目の新聞印刷に51人が立ち会う さきがけ印刷センター

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
印刷工程を見学した後、刷り上がった新聞に目を通す参加者たち
印刷工程を見学した後、刷り上がった新聞に目を通す参加者たち

 元号が平成から令和に変わる5月1日付の秋田魁新報の印刷を見学するイベントが、30日深夜から1日未明にかけ、秋田市御所野のさきがけ印刷センターで行われ、親子連れなど20組51人が節目の瞬間に立ち会った。

 参加者のカウントダウンに合わせ、午前0時半ごろ輪転機が回り始め、「令和幕開け」「新天皇陛下即位」と大きな見出しが躍った1日付朝刊が高速で刷り上がった。参加者は高さ15メートルの輪転機の大きさに驚き、刷られた新聞が頭上の装置を流れるように運ばれていく様子を見上げていた。

(全文 359 文字 / 残り 123 文字)