地方点描:ノーサイド[鷹巣支局]

お気に入りに登録

 得票差が激戦を物語っていた。4月21日投開票の上小阿仁村長選は、元職の中田吉穂氏(68)が現職の小林悦次氏(64)を4票差で振り切り、かじ取り役に返り咲いた。この2人と新人の鵜野浩一郎氏(42)による三つどもえは、各陣営の予想を上回る接戦となった。開票で端数を確認した最後の十数分間は特別に長く感じられた。

 有権者は村政の転換を選択した。村では人口減少と少子高齢化が急速に進んでいる。林業などの地場産業は低迷し、働く場が乏しいため、若者は職を求めて村外へ出て行かざるを得ない。地域に漂う閉塞(へいそく)感が打破されることを期待した結果と言えるのではないか。

(全文 653 文字 / 残り 374 文字)