春色鮮やか、チューリップ6万本が見頃 潟上・ブルーメッセ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 見頃を迎えたブルーメッセのチューリップ
見頃を迎えたブルーメッセのチューリップ

 秋田県潟上市昭和のブルーメッセあきたで、広場に植えられたチューリップ約6万本が見頃を迎えている。ブルーメッセによると、今年は4月中旬以降の寒さが影響したとみられ、開花が例年より1週間ほど遅かった。昼ごろから晴れ間が広がった2日は家族連れや観光客が訪れ、色とりどりの花に見入った。

 現在はオレンジ色や赤、紫のチューリップのほか、ヒヤシンスが見頃。スタッフは「白や黄はこれから。当初はちゃんと咲いてくれるか心配したが、この様子なら母の日(12日)くらいまで見頃が長く続くのではないか」と話す。

(全文 333 文字 / 残り 88 文字)