日仏の花火師が競演 11日に「大曲の花火・春の章」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「大曲の花火・春の章」のチラシ
「大曲の花火・春の章」のチラシ

 国内外の花火業者が参加する「大曲の花火・春の章」が11日、秋田県大仙市大曲の雄物川河川敷で開かれる。フランスで18世紀に創業したルジェリ社などが参加し、約8千発を打ち上げる。大曲商工会議所などでつくる大曲の花火実行委員会の主催。

 午後7時~8時20分。ルジェリ社は音楽に合わせた花火ショーを展開する。また、大仕掛けの花火を売り物にする丸玉屋(東京)がタワーを組んで花火を打ち上げる。

 地元4業者も打ち上げを担当し、フィナーレでは映画「ボヘミアン・ラプソディ」で再び注目を集めているロックバンド・クイーンの曲に乗せて花火を構成する。

(全文 443 文字 / 残り 177 文字)