大館の公園にクマ 県内各地、出没相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内では3日、クマの出没が相次いだ。いずれもけが人はいない。

 大館市餅田の二ツ山総合公園で午前9時40分ごろ、公園を訪れた10代男性が体長約1メートルのクマ1頭を見つけた。クマは山に逃げていった。

 五城目町高崎では午前10時半ごろ、体長約1メートルのクマ1頭が田んぼから林に向かうのを農作業中の60代男性が目撃。大仙市大沢郷宿でも午後4時25分ごろ、体長約1メートルのクマ1頭が田んぼから林に入るのを車で通り掛かった70代男性が目撃した。

(全文 338 文字 / 残り 116 文字)