大相撲夏場所へ鶴竜、逸ノ城順調 時津風部屋に出稽古、12日初日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稽古で相撲を取る鶴竜(右)=4日、東京都墨田区の時津風部屋
稽古で相撲を取る鶴竜(右)=4日、東京都墨田区の時津風部屋

 大相撲夏場所(12日初日・両国国技館)に向け、6場所ぶり6度目の優勝を目指す横綱鶴竜と先場所14勝の関脇逸ノ城が4日、東京都墨田区の時津風部屋に出稽古し、ともに順調な調整ぶりを披露した。

 鶴竜は同じく出稽古の平幕千代大龍に15勝2敗と圧倒。鋭い踏み込みと前傾姿勢での攻めが光り、馬力のある相手に押し込まれることもほぼなかった。

 逸ノ城は227キロの体を生かした当たりからの突き、押しで前に出て、千代大龍らに7勝2敗。大関候補に名乗り出たい今場所を控え「思った通りに体が動いている。自信を持ってやるだけ」と意気込んだ。