県内大学の研究から[秋田公立美術大・熊谷晃准教授]能代春慶塗

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
能代春慶塗と蒔絵・螺鈿の融合を目指し試作した3点。上から時計回りに飾り盆、2段弁当箱、3段重箱
能代春慶塗と蒔絵・螺鈿の融合を目指し試作した3点。上から時計回りに飾り盆、2段弁当箱、3段重箱

 〈秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ 能代春慶 桧山納豆 大館曲げわっぱ〉

 民謡「秋田音頭」のお国自慢にも登場する能代春慶は、黄金色に輝く塗り肌が魅力だ。飛騨春慶(岐阜県)、粟野春慶(茨城県)と共に「日本三大春慶塗」に数えられるが、2010年に最後の職人が亡くなり、江戸時代から「一子相伝」とされた技法は途絶えた。しかも秘伝書などは存在しないという。

 以来、新作が生み出されていない能代春慶。その技の再現を目指して試行錯誤を重ねているのが、秋田公立美術大ものづくりデザイン専攻の熊谷晃准教授(48)だ。02年に秋田公立美術工芸短大の講師となったのを機に、独自に研究を始めた。

(全文 1549 文字 / 残り 1258 文字)

この連載企画の記事一覧