SJK劇場が惜しまれ閉鎖 初代住みます芸人・桂三若開設

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
きり亭たん方らが舞台を披露したSJK劇場のラストライブ
きり亭たん方らが舞台を披露したSJK劇場のラストライブ

 秋田県の初代住みます芸人、落語家桂三若が2011年に開設した「SJK劇場」(秋田市大町)のラストライブがこのほど開かれた。本県在住の芸人2組が得意のネタを披露、観客のにぎやかな笑いで締めくくった。

 劇場は三若が赴任直後、マンション1階の空き店舗に開設。定員約20人とコンパクトながら、舞台のほか稽古場としても使われた。長年の活動で、住みます芸人らの公演会場が県内各地に広がったことなどから閉鎖が決まった。

(全文 417 文字 / 残り 214 文字)