貴景勝は3勝8敗と振るわず 夏場所前の横審稽古総見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稽古総見で汗を流す新大関貴景勝(左)=両国国技館の相撲教習所
稽古総見で汗を流す新大関貴景勝(左)=両国国技館の相撲教習所

 大相撲夏場所(12日初日・両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)による稽古総見が6日、東京・両国国技館内の相撲教習所で一般には非公開で行われ、右上腕に負傷を抱える横綱白鵬を除く三役以上の申し合いで、新大関貴景勝は3勝8敗と振るわなかった。横綱鶴竜らを押し切れずにつかまる内容が目立った。

 令和最初の本場所となる今場所への出場が不透明な白鵬は四股やてっぽうで汗を流し、ぶつかり稽古で貴景勝らに胸を出した。鶴竜は9勝3敗で上々の動きだった。