横審委員長、白鵬三本締めは落着 「反省も謝罪もしている」

お気に入りに登録

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は6日、横綱白鵬が春場所千秋楽の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めをして協会からけん責処分を受けたことについて、「白鵬自身、反省もして謝罪もしているので、この件は落着した」と話した。

 横審は協会に白鵬を注意するように要請していた。白鵬は本場所終了を意味する神送りの儀式の前に手締めをし、伝統と秩序を損なう行為と判断された。矢野委員長は「一般的に言えば賛否両論ある。ただ、きちっとした締めくくりというものがある」と述べた。