50周年記念パッケージで冷やし中華販売 男鹿・八郎めん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿の観光地や名産をデザインした「冷やし中華」50周年限定パッケージ
男鹿の観光地や名産をデザインした「冷やし中華」50周年限定パッケージ

 秋田県男鹿市船越の製麺会社「八郎めん」(杉渕正英社長)は、定番商品「冷やし中華」の発売50周年を記念した限定パッケージを販売している。男鹿市内の観光地や名産をイラストでデザインした。

 同社は1927(昭和2)年に東京で創業。戦争で工場が焼失し、現在の船越に疎開して製麺業を続けた。冷やし中華は2代目で杉渕社長の父・実さん(故人)が考案。ゆでた麺とスープを容器に入れ、そのまま食べられるようにした商品は当時珍しく、行楽やイベントなどで重宝された。初めは豆腐用の容器を使っていたという。

(全文 568 文字 / 残り 326 文字)