秋田犬の里がオープン ハチ公“里帰り”で花添える【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
人気を集めた忠犬ハチ公の剝製
人気を集めた忠犬ハチ公の剝製

 秋田県大館市のJR大館駅前の観光交流施設「秋田犬の里」が8日、グランドオープンし、忠犬ハチ公の剝製の特別展示が始まった。剝製が同市に“里帰り”するのは32年ぶり。国内外から訪れた大勢の観光客らは、ガラスケースに入ったりりしい立ち姿に「大きい」「立派だ」と声を上げていた。

 オープニングセレモニーには市や県、近隣市町村などから関係者約160人が出席。テープカットには同駅の観光駅長を務める秋田犬の「あこ」と「おもち」も参加し、花を添えた。

 セレモニーで福原淳嗣市長は「秋田犬を核に市の魅力を発信していきたい」とあいさつした。

 続いて市民有志でつくる「忠犬ハチ公銅像及び秋田犬群像維持会」(富樫安民会長)主催の忠犬ハチ公慰霊祭も行われた。大館南小5年の土田想侑君(10)と同駅の高橋仁司駅長が、正面玄関前のハチ公銅像に花の首輪を供えたほか、参加者全員で黙とうした。

(全文 746 文字 / 残り 365 文字)

外部リンク