秋田市への移住相談、東京駅近くに窓口開設 土曜も対応

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市移住相談八重洲センターの看板を設置する穂積市長
秋田市移住相談八重洲センターの看板を設置する穂積市長

 秋田市は9日、JR東京駅近くの東京・京橋のビルに市移住相談八重洲センターを開設した。これまで相談を受け付けてきた市東京事務所(東京・平河町)に加え、相談者がよりアクセスしやすい場所にも窓口を設け、利便性の向上を図った。平日だけでなく土曜も対応する。

 センターは東京駅八重洲南口から徒歩4分の場所にあり、近くには総務省の相談窓口「移住・交流情報ガーデン」もある。広さ約46平方メートルで、専門相談員2人と事務員1人の3人体制。求人情報とのマッチングや、履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、面接対策などの就職サポートに加え、住まいや子育てなど暮らしに関する相談に対応する。

(全文 497 文字 / 残り 212 文字)