大型クルーズ船・スプレンディダ、秋田港に今年初寄港

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田港に寄港した大型クルーズ船「MSCスプレンディダ」
秋田港に寄港した大型クルーズ船「MSCスプレンディダ」

 パナマ船籍の大型クルーズ船「MSCスプレンディダ」(13万7936トン、全長333・3メートル、乗客定員3274人)が9日午前8時ごろ、秋田港に今年初めて寄港した。乗客は、なまはげ太鼓の演奏やあきた舞妓(まいこ)ら約100人の出迎えを受けながら、本県観光や買い物を楽しんだ。

 スプレンディダはMSCクルーズ社(スイス)が運航。秋田港への寄港は昨年11月に続き3回目。

(全文 513 文字 / 残り 329 文字)