大曲の花火・春の章 フランス流の美、きょう披露

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 きょう11日に「大曲の花火・春の章」が開かれる秋田県大仙市の雄物川河川敷で10日、フランスから参加しているルジェリ社のスタッフが、筒に花火玉を詰めるなどの準備作業を行った。

 春の章には2016年から海外業者が参加している。ルジェリ社は1739年創業で、音楽との相乗効果を持たせた花火の打ち上げを得意としている。

(全文 295 文字 / 残り 139 文字)