東京五輪、ナガマツは「金」 データ会社が予測

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)と松本麻佑
永原和可那(左)と松本麻佑

 スポーツデータの分析、提供を行うデータ専門会社、グレースノートがこのほど2020年東京五輪のメダル予測を発表し、日本の金メダル数は世界3位の31個、メダル総数は同4位の63個でいずれも過去最多とした。これまで「金」は1964年東京大会と04年アテネ大会の16個、総数は16年リオデジャネイロ五輪の41個が最多で、メダルラッシュの期待が高まる。

 同社はリオ五輪以降の主要大会の結果を分析し、現状で五輪が開催された場合を想定。金メダルは、バドミントンで女子ダブルス世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、男子同の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子同の奥原希望(太陽ホールディングス)が獲得するとした。

(全文 687 文字 / 残り 356 文字)