全日本学生柔道、秋田市で初の地方開催 9月に精鋭集結

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県立武道館(資料写真)
県立武道館(資料写真)

 「全日本学生柔道体重別選手権」が9月28、29の両日、秋田市の県立武道館で開かれる。例年、東京・日本武道館を会場としているが、来年の東京五輪に向けた改修工事で使えないため、初の地方開催となる。県柔道連盟は「五輪選手を輩出してきたレベルの高い大会。県内で観戦できる貴重な機会を楽しんでほしい」としている。

 大会は全日本学生柔道連盟(学柔連)などの主催で、男子は38回目、女子は35回目を迎える。個人戦で争われ、過去の優勝者には男子の野村忠宏、井上康生、女子の塚田真希、松本薫ら五輪金メダリストが並ぶ。

(全文 504 文字 / 残り 254 文字)