ニュースの「つぼ」:増田まんが美術館の原画保存

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市増田まんが美術館のアーカイブルーム
横手市増田まんが美術館のアーカイブルーム

 美術館などの文化・研究施設にとって、貴重な収蔵品の劣化を防ぎ、閲覧・活用しやすく整理して後世に残すことは大きな使命だ。IT時代の今、収蔵品をデジタルデータにして保存する「デジタルアーカイブ」も行われるようになった。1日にリニューアルオープンした横手市増田まんが美術館は、原画そのものの保存とともにデジタル化に力を入れている。

 増田まんが美術館を入って左奥が「マンガの蔵」。原画を入れる多数の引き出しが縦横に並ぶ「原画収蔵庫」、原画のデジタルデータ化を職員が行う様子をガラス越しに見学できる「アーカイブルーム」から成る。「魅(み)せる収蔵」を掲げる同館の心臓部だ。

(全文 1018 文字 / 残り 736 文字)

この連載企画の記事一覧