菜の花と青空のコントラスト楽しむ 大仙市協和小種【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
一面に広がる菜の花畑
一面に広がる菜の花畑

 秋田県大仙市協和小種地区の菜の花畑が見頃を迎えている。好天に恵まれた11日は、家族連れや友人グループらが次々と訪れ、一面に広がる菜の花の黄色と青空のコントラストを楽しんだ。

 畑は約15ヘクタール。農事組合法人エコ・ファーム(佐藤誠代表理事)が、2009年から耕作放棄地を活用して搾油用の菜の花を栽培している。今季分は昨年9月上旬に種をまき、4月下旬から咲き始めた。

 陽気に包まれたこの日は、訪れた人がカメラで写真を撮ったり、ゆったり散策したりして思い思いの時間を過ごしていた。

(全文 382 文字 / 残り 143 文字)