秋田美大の服部、石倉准教授参加、ベネチア国際美術展が開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
安野さんによるバルーンとリコーダー(中央)を囲む下道さんの津波石の映像=ArchiBIMIng撮影
安野さんによるバルーンとリコーダー(中央)を囲む下道さんの津波石の映像=ArchiBIMIng撮影

 2年に1度開かれる現代美術の祭典、第58回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展が11日、イタリアのベネチアで開幕した。日本館の企画構成を担うキュレーターは、秋田公立美術大大学院の服部浩之准教授(40)が務めた。「1年に満たない短い準備期間だったが濃密な議論を重ね、展示が実現した。映像、音楽、言葉が複雑に共振する空間を多くの人に体験してほしい」と話す。一般公開は11月24日まで。

 約90カ国が参加する「国別部門」に出展する日本館のテーマは「Cosmo―Eggs/宇宙の卵」。宇宙の初めを卵とする卵生神話に由来し、人と自然環境の関係を再考する展示とした。

 館内には装置が自動的に生成する音楽が流れ、津波で陸に打ち上げられた大岩「津波石」の映像や、津波神話を参考にした新たな創作神話が見られる。

 服部さんは「異質な創作物を異質なまま重ねると、全体が見事に調和し共振することもあれば、逆に全てが不協和音を奏でるようにせめぎ合い衝突する瞬間もあるだろう。共振や不協和の折り重なりから共存のエコロジーを問う」としている。

(全文 768 文字 / 残り 313 文字)