県内大学の研究から[県立大・藤田直子教授]コメの新品種開発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 県立大生物資源科学部の藤田直子教授の研究グループは、県農業試験場、国際農林水産業研究センター(JIRCAS、茨城県つくば市)と協力し、コメの新品種を開発している。全国的にコメの消費量が減少する中、食味だけでなく食感や機能に着目し、新たな需要を開拓するのが狙いだ。

 三者は2018年度、新品種として「あきたぱらり」と「あきたさらり」の登録を申請した。いずれも通常のコメより粘りが少ないのが特徴。あきたぱらりは油との相性が良く、チャーハンやピラフに適し、業務用や冷凍食品向けの需要を見込む。あきたさらりは大粒で収量が多く、麺や菓子への加工に適している。早ければ来年度にも品種登録される。今期は県内の協力農家が計1ヘクタール作付けしている。

(全文 1554 文字 / 残り 1236 文字)

この連載企画の記事一覧