「助けて」飲食店で人手不足 ブッチャーノ、戸隠、大昌園…

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厨房で調理や盛り付けに当たるブッチャーノの深谷さん(右)とアルバイト店員。人手が足りず2人になる時もある
厨房で調理や盛り付けに当たるブッチャーノの深谷さん(右)とアルバイト店員。人手が足りず2人になる時もある

 秋田県内の飲食店や宿泊施設などで、人手不足が深刻化している。従業員を確保できず、営業時間を短縮したり、営業日を減らしたりする飲食店があるほか、一部の宿泊業者は限られた人員で作業効率を高める取り組みを進めている。

 「助けて下さい。人手不足です」―。3月、秋田市川尻大川町の洋食店「ブッチャーノ」の店主深谷祐次さん(33)は、スタッフ募集をツイッターに投稿した。

 8人いたアルバイトのうち4人が進学や就職のため3月末までに辞めてしまった。店に求人の張り紙を掲示したが反応はない。ランチタイムは残った4人が定休日の火曜を除きほぼ毎日出勤。夜は深谷さんが調理、注文、会計まで全てを1人でこなしている。

(全文 1149 文字 / 残り 852 文字)