仙北の腕時計組み立て会社が新工場 受注増対応、今月着工へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
腕時計を修理するセレクトラの工場
腕時計を修理するセレクトラの工場

 腕時計の組み立て、修理を手掛けるセレクトラ(秋田県仙北市田沢湖小松、秋坂啓太郎社長)は、受注増に対応するため同市角館町外ノ山に新工場を建設する。今月下旬にも着手し、12月の本格稼働を目指す。2、3年後には約20人を新規雇用し、年間売上高を現在の3割増の3億円規模に伸ばす計画だ。

 同社は腕時計と、ムーブメント(駆動部)など時計内部の部品の組み立て、修理を行っている。ぜんまいで動く機械式や電気を流した水晶の振動を利用するクオーツ式などさまざまな種類を手掛け、セイコーグループなどと取引がある。

(全文 761 文字 / 残り 514 文字)