泥の感触、気持ちいい 象潟小5年生が田植え体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
児童が泥だらけになって楽しんだ田植え
児童が泥だらけになって楽しんだ田植え

 田植え体験会が10日、秋田県にかほ市象潟町で行われ、象潟小学校(佐々木正校長)の5年生60人が泥だらけになって、手植えの苦労を学んだ。にかほ地区少年保護育成委員会(木内利雄会長)の活動の一環。

 木内会長の田んぼ10アールで行い、児童は「カタ」と呼ばれる農具で付けた印に沿って、青々とした苗を植えていった。足を取られて転んだり、苗を受け取る際に取り損ねて泥が跳ねたりして、児童は泥まみれになって田植えを楽しんだ。

(全文 322 文字 / 残り 116 文字)