ラート王者高橋さん、一日署長に 児童と交流、無事故訴える

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中川小学校で子どもたちにラートを教える一日署長の高橋選手
中川小学校で子どもたちにラートを教える一日署長の高橋選手

 春の全国交通安全運動(11~20日)に合わせ、仙北署は14日、体操競技「ラート」の世界チャンピオン・高橋靖彦選手(34)=秋田県仙北市出身、秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)=を一日署長に委嘱した。高橋選手は古里の子どもたちや住民に交通安全を呼び掛けたほか、同市の中川小学校でラートの体験教室を行った。

 同署で若月浩志署長から委嘱状を受け取った高橋選手は、同市の中川保育園と角館芝浦電子を訪れ、チャイルドシート使用モデル保育園と全席シートベルト着用推進モデル事業所の指定書をそれぞれ交付。スーパー「タカヤナギ・ワンダーモール店」では、秋田NHのマスコット「ビッキー」と店内を巡り、交通事故防止を訴えた。

(全文 533 文字 / 残り 231 文字)