県高校強化拠点校の監督、意見交換 レベルアップ目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の高校スポーツ強化拠点に指定されている13校18チームの監督会議が14日、秋田市の県スポーツ科学センターで開かれた。監督18人が競技の垣根を越えて指導方法や選手確保の取り組みなどで意見を交わした。

 強化拠点校は、全国大会の上位入賞を目指し、2018年度に県と県教育委員会、県体育協会が指定。2020年度までの3年間、選手強化費が助成される。

(全文 418 文字 / 残り 244 文字)