地方点描:健康と観光[能代支局三種町駐在]

お気に入りに登録

 三種町が力を入れる健康保養地(クアオルト)づくりは、町民の健康増進と交流人口拡大が両輪だ。事業が本格的に始まってから5年目、ついに観光客誘致の動きが表れてきた。クアオルトのウオーキングガイドら町民有志が一般社団法人「ヘルスケアデザイン秋田」を立ち上げ、「ヘルスツーリズム」の推進に乗り出す。

 ヘルスツーリズムは、自然や温泉、体に良い食事を楽しみながら健康を増進させる観光の形を指す。米研究機関の調査によると、世界の市場規模は68兆円(2017年)と過去5年で1・5倍に成長した。通常の観光と比べ旅行者の消費額が多いことも特徴で、日本では1・5倍に達する。

(全文 644 文字 / 残り 366 文字)

秋田県は健康寿命日本一を目指しています