過去の地震災害通して防災意識高めて 秋田大で防災パネル展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
調査結果をまとめたパネルについて説明する鎌滝准教授
調査結果をまとめたパネルについて説明する鎌滝准教授

 秋田県内で過去に発生した地震災害を伝える防災パネル展が、秋田市手形の秋田大学インフォメーションセンターで開かれている。24日まで。

 学生や地域住民に防災意識を高めてもらおうと、同大地方創生センターが、26日の「県民防災の日」を前に企画。陸羽地震(1896年8月31日)、日本海中部地震(1983年5月26日)など明治から昭和の間に発生した四つの地震を取り上げている。

(全文 417 文字 / 残り 233 文字)