県内、クマ出没相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内は15日、クマの目撃が相次いだ。被害は確認されていない。

 県警によると、午前11時半ごろ、秋田市濁川字後田の県道秋田昭和線(通称・横山金足線)沿いの山林に、体長約1メートルのクマがいるのを通行中の40代男性が目撃。西に約500メートル離れた同市外旭川字大堤の同線沿いの山林でも、体長約1メートルのクマを40代男性が見つけた。同じクマの可能性がある。

(全文 233 文字 / 残り 54 文字)