JR東日本秋田支社長に木村氏内定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 JR東日本は15日、執行役員秋田支社長に、本社鉄道事業本部設備部付で、グループ会社・日本線路技術(東京)社長の木村英明氏(55)を充てる人事を内定した。菊地正・執行役員秋田支社長(60)は退任する。元支社長で執行役員本社総務部長の白石敏男氏(57)は常務執行役員東京支社長に就く。来月21日の株主総会で正式決定し、同日付で発令する。

 木村英明氏(きむら・ひであき)89年入社。仙台支社設備部長、東京支社施設部長などを経て、18年6月から現職。東京都出身。