新屋勝平振興会、穂積市長に配備見解を要求へ 地上イージス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
穂積市長に地上イージス配備に対する見解を求めることを決めた総会
穂積市長に地上イージス配備に対する見解を求めることを決めた総会

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、演習場近隣の16町内会でつくる「新屋勝平地区振興会」は15日、本年度総会を勝平地区コミュニティセンターで開き、配備計画に対する穂積志市長の見解を求めることを盛り込んだ活動方針を決議した。

 役員や代議員計50人が出席。地上イージス配備計画の撤回に向けた取り組みとして、防衛省の調査結果公表後に穂積市長に見解を求めるほか、県、市両議会の6月定例会に配備反対の決議を求める請願を提出する。勉強会の開催にも取り組む。

(全文 423 文字 / 残り 164 文字)