線路脇に車転落、男鹿線 運転の男性、病院へ搬送

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR男鹿線の線路脇に転落した軽乗用車=18日午前10時35分ごろ
JR男鹿線の線路脇に転落した軽乗用車=18日午前10時35分ごろ

 JR秋田支社と秋田県警男鹿署によると、18日午前9時55分ごろ、男鹿市船川港金川字姫ケ沢で、軽乗用車が駐車場から約5メートル下の男鹿線の線路脇に転落する事故があった。運転していた男性(81)が病院に搬送された。

 事故後、男鹿線の男鹿―追分駅間は上下線の運転を見合わせていたが、午前11時50分に再開した。この影響で普通列車上下2本が運休、下り普通列車1本に45分の遅れが生じた。