内陸線に乗り物集合、家族連れでにぎわう【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
真剣な表情でショベルカーを操る子ども
真剣な表情でショベルカーを操る子ども

 警察や鉄道車両、重機など20種類以上の乗り物を集めた「秋田内陸線のりものまつり」が18日、北秋田市の秋田内陸線・阿仁合駅前で2日間の日程で始まり、大勢の家族連れでにぎわった。初日は、鉄道マニアとして知られる南田裕介さん(芸能事務所マネジャー)らのトークショーも会場を盛り上げた。

 警察の白バイやパトカーの展示場所では、家族で写真撮影を楽しむ姿が見られた。重機のうち、ミニショベルカーは操作体験ができ、子どもたちが係員と乗車して水槽からボールをすくい上げる作業に挑戦。真剣な表情でハンドルを握り、うまく操作できると喜んでいた。

(全文 655 文字 / 残り 392 文字)