懐かしの急行「津軽」で初夏の旅 湯沢―弘前、19日も運行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯沢駅で出発を待つ急行「津軽」
湯沢駅で出発を待つ急行「津軽」

 JR秋田支社は18日、JR奥羽線の湯沢―弘前間で、急行「津軽」の復活列車を運行した。津軽はかつて上野―青森間を本県経由で結び、「出稼ぎ列車」「出世列車」と呼ばれた。乗車した約450人が懐かしさに浸りながら、初夏の旅を楽しんだ。19日も運行する。

 津軽は1993年11月いっぱいで定期運行を終えた夜行急行。今回以前にも復活列車が走ったことがあるほか、7月27、28日には秋田―青森間を走る。今回は「急行津軽」と書かれたヘッドマークを取り付けた赤い電気機関車が、国鉄時代に製造された青い12系客車6両をけん引する編成。

(全文 407 文字 / 残り 149 文字)